速報
» 2019年06月12日 12時00分 公開

「Flash Player」を含む3製品の脆弱性を修正、Adobe Systems

Adobe Systemsは、「Adobe Flash Player」「Adobe ColdFusion」「Adobe Campaign」のセキュリティアップデートを公開した。Adobe Flash Playerの脆弱(ぜいじゃく)性は、悪用されれば攻撃者に任意のコードを実行される恐れがある。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Adobe Systemsは2019年6月11日(米国時間)、「Adobe Flash Player」「Adobe ColdFusion」「Adobe Campaign」のセキュリティアップデートを公開し、それぞれの脆弱(ぜいじゃく)性を修正したことを明らかにした。

Adobe Systemsがセキュリティアップデートを公開した

 Adobe Systemsのセキュリティ情報によると、Adobe Flash PlayerのアップデートはWindows、macOS、Google Chrome OS、Linuxを対象に公開され、1件の深刻な脆弱性に対処した。悪用された場合、攻撃者に任意のコードを実行される恐れがある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -