ニュース
» 2019年06月20日 09時20分 公開

消費者との信頼構築が最重要課題、日本マイクロソフトがデジタルサービスの信頼に関する調査結果を発表

日本マイクロソフトが発表したデジタルサービスの信頼に関する調査結果によると、日本でデジタルサービスの利用を促進させるための最重要課題は、企業が消費者との信頼を構築することだという。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日本マイクロソフトは2019年6月19日、デジタルサービスの信頼に関する調査結果を発表した。これは、マイクロソフトとIDC Asia/Pacificによる調査レポート「Understanding Consumer Trust in Digital Services in Asia Pacific(アジア太平洋地域の消費者のデジタルサービスに対する『信頼』についての理解)」の、日本向けの調査結果。同調査結果では、日本でデジタルサービスの利用を促進させるための最重要課題は、企業が消費者との信頼を構築することだとしている。

日本マイクロソフトによる意識調査 日本マイクロソフトによる意識調査(出典:IDC、日本マイクロソフト)

日本の消費者がデジタルサービスを信頼する要素は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -