ニュース
» 2019年06月21日 09時25分 公開

RPAで医療現場の負荷軽減と医療の質を向上、慈恵大学の研究にRPAテクノロジーズがツールを提供

慈恵大学は、RPAテクノロジーズの「BizRobo!」を、「医師・病院業務等の働き方改革に関する研究:RPAの有効性の検討」に利用した。RPAのロボットを構築して、医療現場の負荷軽減に成功した。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 RPAテクノロジーズは2019年6月20日、慈恵大学が実施している研究「医師・病院業務等の働き方改革に関する研究:RPAの有効性の検討」に対して、同社のRPA(Robotic Process Automation)ツール「BizRobo!」を提供すると発表した。慈恵大学では、事務職員の業務負荷を軽減したり、医療の質を向上させたりするのにBizRobo!を活用した。

ニュースリリース ニュースリリース(出典:RPAテクノロジーズ)

人手不足解消と医療の質の向上を同時に実現する方法とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -