ニュース
» 2019年06月26日 11時00分 公開

国内のテレワーク導入率、わずか1割 「生産性へのメリットは」本当か

レノボ・ジャパンの調査によると、テレワーク導入企業の職場満足度は未導入企業の約2倍で、テレワークの利用頻度と勤務環境の満足度は比例する傾向が高かった。一方、テレワーク制度の導入は全体の1割程度にとどまり、普及には課題があることも分かった。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 レノボ・ジャパンは2019年6月25日、全国の20〜50代の社会人を対象にしたテレワークの利用実態に関する調査結果を発表した。

 同調査は、2019年6月11日〜12日にインターネットのアンケート調査で実施。スクーリングによって導き出したテレワーク従事者200人を含む企業や団体の従業員5922人から回答を得た。

勤務環境の満足度とテレワークの関係は?

 今回の調査対象者全員に、総合的な勤務環境の満足度を尋ねたところ、全体の約3割が「満足している」「やや満足している」と回答。

 このうち、テレワーク未導入企業で勤務環境に「満足している」と回答した人は28.7%だったのに対し、テレワーク導入企業では56.0%と半数以上が勤務環境に満足しており、約2倍の差があった。

Photo 勤務環境の満足度とテレワークの関係(n=5922)

調査で分かったテレワークのメリットとは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -