速報
» 2019年08月20日 12時15分 公開

広告を見終わらないと閉じられない、Google Playに迷惑広告アプリを発見

迷惑な広告を表示させるアドウェアは、写真やゲームなどのアプリを装ってGoogle Playで提供され、合計で800万回以上もダウンロードされていた。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 セキュリティ企業のTrend Microは2019年8月16日、Googleの公式アプリストア「Google Play」で、迷惑な広告を表示させるアドウェアを仕込んだアプリが85本見つかったと発表した。Googleは連絡を受け、問題が指摘されたアプリを削除したという。

 Trend Microによると、アドウェアが仕込まれていたのは「Magic Camera」「Blur Photo Editor」などのアプリで、ゲームやカメラなどの機能をうたってGoogle Playで提供され、合計で800万回以上もダウンロードされていた。

アドウェアが埋め込まれたアプリケーション

 こうしたアドウェアは迷惑な広告を表示させるだけでなく、検出を免れることを目的とした独自の技術が使われていたという。

アプリをインストールしてから広告が表示されるまでの挙動

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -