ニュース
» 2019年11月21日 12時30分 公開

ハイブリッドかつマルチクラウド環境のサイバー脅威に対応、「IBM Cloud Pak for Security」を提供開始

IBMは、ハイブリッドマルチクラウド環境のあらゆるデータについてセキュリティ情報を管理する「IBM Cloud Pak for Security」の提供を開始する。セキュリティインシデントにも迅速に対応できる。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IBMは2019年11月20日、ハイブリッドマルチクラウド環境のあらゆるデータのセキュリティ情報を管理する「IBM Cloud Pak for Security」の提供を開始した。

プレスリリース

 企業がマルチクラウドの活用を進めると、プライベートクラウドやパブリッククラウド、オンプレミスなど、複数のデータソースにアプリケーションやデータが分散する。IBM Cloud Pak for Securityは、こうしたハイブリッド、マルチクラウド環境全体からセキュリティデータを検索して変換し、重要なセキュリティインサイトを1つにまとめる。

IBM Cloud Pak for Securityが提供する3つの機能

 IBM Cloud Pak for Securityは、大きく分けて次の3つの機能を提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ