ニュース
» 2019年11月29日 12時00分 公開

「Let's note」がサブスク化 月額4030円から人気モデルが導入可能に

パナソニック システムソリューションズ ジャパンは、ノートPC「Let's note」とソフトウェアをサブスクリプションで使えるサービスパックを発表した。

[大河原克行,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 パナソニック システムソリューションズ ジャパン(PSSJ)は、2019年11月27日、ノートPC「Let's note」のサブスクリプションサービス「働き方改革サービス サービスパック」の開始を発表した。企業の一括導入における利用を想定しており、月額料金は4030円(税別)から。

 同サービスはLet's note本体とソフトウェアをセットとしたもの。2020年1月から提供を開始する。用途や環境に応じて、5種類のサービスパックの中から選択できる他、オプションサービスを加えて、さまざまな企業の働き方改革を支援する。

ノートPC「Let's note」

PSSJが提供する5種類のサービスパックとは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ