ニュース
» 2019年12月18日 09時50分 公開

NECがローカル5G事業に本格参入、自社利用向けにも免許申請

ネットワークインフラからアプリケーションまでをトータルソリューションとして、企業や自治体向けに提案する。自社施設で利用するためにローカル5Gの免許を申請し、2020年度以降にNECグループの工場に導入する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NECは2019年12月17日、5G(第5世代移動通信システム)を地域限定で利用する「ローカル5G」事業への本格参入を発表した。企業や自治体に向けて、ネットワークインフラからアプリケーションまでを総合的に提案する。また、ローカル5Gの免許を申請し、2020年度以降に同社グループの工場に導入することも明らかにした。

ローカル5G利用イメージ ローカル5G利用イメージ(出典:NEC)

 NECはローカル5G向けに、パートナー企業と提携しながら、端末、基地局、クラウドまたはオンプレミス型のコアネットワーク(5GC)、IoT基盤やデータ分析AI(人工知能)技術、業種・業務別アプリケーション、運用保守までをトータルソリューションとして提供する。同社が培ってきた業種ごとのノウハウとネットワークの強みを生かし、製造や建設、交通、流通、公共などの分野を中心に顧客を支援するとしている。

自社利用向けにローカル5G免許申請、顧客の検証支援や工場での活用を目指す

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ