速報
» 2020年02月06日 11時34分 公開

Google Chromeも採用へ:動画再生中の迷惑広告排除へ、業界団体が新基準 “アウト”な広告の3条件とは

Google Chromeでは2020年8月5日以降、こうした迷惑広告が表示されないようにする。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 消費者に受け入れられるネット広告の基準を制定している業界団体のCoalition for Better Adは2020年2月5日、短編動画の再生中に表示される広告に関する優良広告基準「Better Ads Standard」を新たに発表した。Googleはこれを受け、Webブラウザの「Google Chrome」(以下、Chrome)に同基準を採用すると表明した。

新基準について報じるCoalition for Better Adの公式Webサイト

業界団体が定める“アウト”な広告の3条件とは

 新たの優良広告基準は、デスクトップとモバイル端末およびアプリで8分以下の短編動画の再生中に表示される広告を対象としている。Coalition for Better Adは、8カ国の消費者約4万5000人を対象に実施した意識調査に基づき、以下の3種類の広告を基準以下の「容認できない広告」に分類した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ