ニュース
» 2020年02月13日 12時12分 公開

FBIが発表:2019年のサイバー犯罪、米国で過去最高の被害額と通報件数を記録――最多の手口は?

メールを使って相手をだまそうとする手口はますます巧妙化し、被害者が不審に気付いて本物と偽物を見分けることは一層難しくなっている。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 米連邦捜査局(FBI)は2020年2月11日、「2019年のインターネット犯罪動向報告書(2019 Internet Crime Report)」を発表した。これはインターネット犯罪苦情センター(IC3)に寄せられた届け出についてまとめたもので、届け出の件数も被害額も、IC3が2000年5月に設置されて以来、最高となった。

2019年、IC3に全米から寄せられたサイバー犯罪の発生件数(出典:IC3)

 2019年の1年間でIC3に寄せられたインターネット犯罪の届け出は46万7361件で、1日当たりの平均では約1300件。個人と企業が被った被害総額は35億ドルを超えた。

最大の被害額を記録したのは――やはりあの手口

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ