ニュース
» 2020年03月30日 09時09分 公開

企業アプリケーションに関する2020年の展望、ガートナーが3〜5年後の動向を予測

ガートナー ジャパンは企業のアプリケーションに関する2020年の展望を発表した。これからは社内向けアプリケーションであっても顧客に提供するビジネス価値を考慮する必要があるが、多くの企業でその認識が希薄で、スキルやリソース不足への対処も不十分だと指摘する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ガートナー ジャパン(以下、ガートナー)は2020年3月27日、企業のアプリケーションに関する2020年の展望を発表した。「カスタマーエクスペリエンス」(CX)「開発者のペルソナ」「管理系ERP機能のユーザーエクスペリエンス」「アーキテクチャ」という4つの領域について、それぞれ今後3〜5年に重視すべき動向を取り上げた。

最も重要なのは「エクスペリエンス」、しかし……

 ガートナーはCXについて「変革を具現化する際に最も重要なもの」と指摘する。エクスペリエンスは、個々の顧客の行動に対して期待される最善のサービスを、その都度状況に応じて判断し、最適なコミュニケーションを通じて提供することで実現される。コンテキストに応じて変化に素早く対応できる未来のアプリケーションを実現するには、コミュニケーション手段に最適な形で各ビジネス機能を組み合わせる必要があるとしている。

1.CX:「既存アプリケーションやデータのあり方の抜本的な見直し

 国内の大企業の80%以上がデジタル技術によってCXを向上させるに当たり、2023年までに既存のアプリケーションやデータのあり方について抜本的な見直しを迫られる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ