速報
» 2020年04月01日 10時46分 公開

Marriott系列ホテル、520万人の顧客情報が流出の可能性

Marriottのゲスト520万人の氏名や住所、電子メールアドレス、電話番号などの情報が流出した可能性がある。一方、パスワードや決済カード情報などの流出は確認されていないとしている。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 大手ホテルチェーンのMarriott Internationalは2020年3月31日、系列ホテルでゲスト向けのサービス提供に使っているアプリケーションが何者かの不正アクセスを受け、ゲスト約520万人の情報が流出した可能性があると発表した。

 発表によると、問題のアプリケーションで2020年2月末ごろ、従業員2人のログイン認証情報を使って異常な量のゲスト情報にアクセスされている可能性があることが判明。同社によれば、問題の行為は1月半ばから始まっていたと考えられている。

系列ホテルからの情報流出について伝えるMarriott Internationalのブログ記事(出典:Marriott International)

 同社は問題のログイン認証情報が無効にされたことを確認した上で、直ちに調査を開始し、監視強化などの対策を講じたと説明している。

Marriottは特設サイトや通知メールで対策 偽メールを使った攻撃への対策は

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ