速報
» 2020年04月08日 17時48分 公開

Google「Chrome 81」リリース TLS 1.0とTLS 1.1の無効化は先送りへ

「Chrome 81」では32件のセキュリティ問題を修正。TLS 1.0とTLS 1.1の完全無効化は「Chrome 84」に持ち越された。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Googleは2020年4月7日、Webブラウザ「Google Chrome」(以下、Chrome)安定版のアップデートとなる「Chrome 81」をWindows、Mac、Linux、Android向けにリリースした。新型コロナウイルスの影響で、予定より数週間遅れのリリースになった。

 Googleによると、デスクトップ向けの「Chrome 81.0.4044.92」では、計32件のセキュリティ問題が修正された。このうち23件は外部の研究者が発見してGoogleに報告した。発見者には500〜7500ドルの賞金が贈呈されている。

「Chrome 81」リリースについて伝えるGoogleのブログ記事(出典:Google)

 中国のセキュリティ企業Qihoo 360の研究者が発見した「拡張機能における解放後使用」「WebSQLの境界外読み込み」に起因する脆弱(ぜいじゃく)性と、匿名の研究者が発見した「音声における解放後使用」に起因する脆弱性の3件については、重大度が上から2番目に高い「高」に分類されている。

TLS 1.0とTLS 1.1の無効化は見送りへ 背景に新型コロナの影響

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ