ニュース
» 2020年05月09日 00時00分 公開

プレミアムコンテンツ:「Android」と「iOS」は結局どちらが“正解”なのか?

企業でモバイルデバイスを導入する場合、「Android」と「iOS」デバイスのどちらを選ぶべきなのか。本資料で紹介するさまざまな観点からの比較情報を、選定の一助としていただきたい。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ダウンロードはこちら

 主流なモバイルデバイス用OSであるGoogleの「Android」とAppleの「iOS」。企業がモバイルデバイスを導入する際、どちらのOSが適しているかを検討する必要がある。

 Androidデバイスは、GoogleやSamsung Electronics、Huawei Technologiesなど、さまざまなベンダーが販売している点がiOSとの大きな違いだ。価格帯や搭載する機能も幅広く、ベンダー独自の機能を盛り込んでいる機種もある。

 iOSデバイスは、Apple製の「iPhone」や「iPad」に限られており、機種の選択肢は少ない。一方で同社がデバイスやアプリケーションの仕様を管理しているため、デザインや操作性に統一感がある。

 AndroidとiOSを機能、価格、組織での管理方法、セキュリティなどの面から比較した場合、どちらにどのような特徴があるのか。「サービスとしてのデバイス」(Device as a Service)、私物デバイスを業務に利用する「BYOD」、従業員にデバイスを選んでもらう「CYOD」について、専門家はどのような見方を示しているのか。本資料で、そうした疑問を解消しよう。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録をすることで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ