ニュース
» 2020年05月14日 11時54分 公開

国内企業のAI利用「全社規模」へ拡大 最多で挙がった「目的」と「課題」は――IDC調査

IDC JapanのAIシステムに関する企業ユーザー調査によると、AIを全社的に利用している企業は2018年以降増加傾向にある。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IDC Japan(以下、IDC)は2020年5月13日、AI(人工知能)システムに関する企業ユーザー調査の結果を発表した。

 同社は、AIシステムを「推論と学習を通じて自己修正するシステム」と定義し、そうしたシステムを「利用している」と回答した320社を対象として2020年3月に調査を実施した。

 今回の調査で、AIを「全社的に利用している」と回答した企業の割合は、2019年の調査から3.7ポイント増加し16.0%だった。それに対して「利用していない」と回答した割合は8.2%で、4.0ポイント減少した。IDCによれば、AIシステムの導入状況は2018年から上昇傾向にある。

AIシステムの利用状況(出典:IDC Japan)

AIの利用目的と課題、最も多かったのは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ