ニュース
» 2020年07月14日 12時25分 公開

国内企業のデジタル人材 求められるスキルと育成の鍵は――IDC調査

IDCは、DXを支える人材である「デジタル人材」に関する調査結果を発表した。国内企業を対象に、「技術」と「ビジネス」どちらのスキルをデジタル人材に求めるか調査したところ、ビジネススキルが重要と回答した割合が技術分野を上回った。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IDC Japan(以下、IDC)は2020年7月13日、「デジタル人材」に関する調査結果を発表した。IDCは、デジタルトランスフォーメーション(DX)を支えるデジタル人材に必要なスキルを、「AI(人工知能)やビッグデータ、クラウドといった技術的なスキル」(ハードスキル)と「関係部門や社外とのコミュニケーション、業務変革やビジネス創造を企画する能力またはスキル」(ソフトスキル)の2つに分類している。

 今回の調査は「DXを実践している企業」「DXの実験段階にある企業」「DX実施を検討中の企業」を対象に、ハードスキルとソフトスキルのどちらを重要視するかを聞いたものだ。調査結果は「ソフトスキルの方がより重要」と回答した割合は46.0%で、「ハードスキルの方が重要」の24.3%を上回った。

DX先進企業がデジタル人材に求めるスキルとは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ