ニュース
» 2020年07月15日 07時00分 公開

NEC、顔認証などの活用で、ニューノーマル時代のオフィス環境を目指す実証実験 2020年度内に実用化へ

NECは、ニューノーマル時代の新しい働き方実現するオフィス環境の実現を目指し、本社ビル内で、マスク着用にも対応する顔認証技術などを活用したゲートレス入退や体表面温度の自動測定、レジレス店舗などの実証実験を開始した。実証成果を踏まえ、2020年度内をめどにソリューション提供を目指す。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NECは2020年7月13日、ニューノーマル時代に求められるオフィスの在り方を見据え、生体認証や映像解析などのICT技術を活用したデジタルオフィスの実証実験を東京都港区の本社ビルで開始すると発表した。

 実証実験では、マスク対応の顔認証を用いたゲートレス入退システムや社内売店のレジレス決済システムなど、タッチレスでスムーズなオフィス活動を実現する各種ソリューションを実証する。実証の成果やノウハウを踏まえ、2020年度内をめどに順次各ソリューションの提供を目指すとしている。

Photo オフィスのエントランスではマスク着用のまま顔認証で入場できるゲートレス入退システムを活用(出典:NECのデジタルオフィスのイメージビデオ)

 なお、NECでは、顔認証をはじめとする生体認証による共通の「デジタルID」で複数サービスを一貫して利用できるサービスコンセプト「NEC I:Delight(アイディライト)」を掲げている。個々人に固有の生体情報をIDとするため、ユーザーは「“盗まれない、なくさない、忘れない”鍵」で安全かつ便利にサービスにアクセスでき、サービス提供者側にとっては、IDの確認がより正確にでき、省力化にもつながるという。

 今回の実証実験では、I:Delightの認証基盤を活用しており、ニューノーマル時代に対応したオフィス環境を評価、検証するとともに、ソリューションやサービスの開発を加速・強化するとしている。

エントランスでは顔パス&自動検温

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ