ニュース
» 2020年07月21日 07時00分 公開

セールスフォース 従業員の健康を管理するBCPソリューションを国内で提供開始

セールスフォースは、企業や組織の安全な事業再始動を支援する新しい製品群を発表した。COVID-19のみならず、台風や地震、洪水といった緊急事態での対応や従業員の管理を包括的に支援するという。

[田渕聖人,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 セールスフォースドットコム(以下、セールスフォース)は2020年7月15日、BCP(事業継続計画)製品群である「Work.com」の日本国内での提供を開始すると発表した。同製品群は、従業員の出社や健康を管理したい企業に向けた、人材管理プラットフォームだ。従業員の健康状態の把握や可視化し、企業の安全な事業再始動を支援するという。

 同社は、同製品群を新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策だけでなく、台風や地震、洪水といった自然災害にも対応する緊急事態対策管理ソリューションとして位置付けている。今後は、同社のレギュラー製品として機能も拡張する予定だ。同製品群は独立したプラットフォームのため単体での利用も可能で、同社の他製品と組み合わせても利用できる。

Work.com 安全な職場復帰を支援する3つの特長とは?

 セールスフォースによると、Work.comは、同社クラウド型統合CRMプラットフォームである「Salesforce Customer360」を基に開発したという。同製品群は主に3つの機能で企業の安全な職場復帰を支援する。

1.Workplace Command Centerによる従業員情報の一元管理

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ