速報
» 2020年07月21日 09時07分 公開

マルウェア「Emotet」が復活、知人からのメール装う手口に警戒を

知人や取引先などを装って相手をだまし、マルウェア「Emotet」に感染させようとするメールが、再び大量送信されている。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 メールを通じて感染するマルウェア「Emotet」の活動が再び活発化している。セキュリティ企業各社は、Emotetに感染させようとするメールが2020年7月17日に世界各地で大量送信されたと伝えた。

出典:@peterkruse

 Emotetは知人や取引先などを装ったメールで相手をだまし、添付ファイルを開かせる手口で感染するマルウェア。2018年から2019年にかけて猛威を振るい、日本企業でも被害が多発していた。

 2020年に入ってしばらく影を潜めていたが、Microsoftは同年7月17日のツイートで「今回のキャンペーンではこれまでのところ、数万通のメールに仕込まれた数百件の添付ファイルとリンクが確認された。ダウンロード用のURLが改ざんされたWebサイトを指し示しているのは、Emotetの特徴を表している」と指摘した。

人間の心の弱さを狙う手口、具体的には?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ