ニュース
» 2020年07月28日 11時45分 公開

Garminにサイバー攻撃 システム暗号化されアプリやオンラインサービスで障害発生

Garminは、2020年7月23日から発生していたシステム障害の原因を発表した。システムに感染していたのは、比較的新しいランサムウェアである「WastedLocker」だったという。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Garminは2020年7月27日、一部のアプリで発生しているシステム障害について、サイバー攻撃の影響を受けていると発表した。同社は航空や船舶、自動車、フィットネス、スポーツなどの市場向けにGPS製品を提供している。

 発表によると、同社は2020年7月23日にサイバー攻撃を受け、一部のシステムファイルが暗号化した。そのため、Webサイトや顧客サポート、顧客用アプリ、社内のコミュニケーションツールといった多くのオンラインサービスに障害が発生したという。

ランサムウェアによるサイバー攻撃 サービスへの影響は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ