速報
» 2020年08月04日 13時28分 公開

米セキュリティ機関、マルウェア「Taidoor」に関する詳細情報公開 中国政府が利用か

米政府機関の連携捜査を通じ、中国政府が使っているマルウェア「Taidoor」を突き止めたとしている。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米国土安全保障省のサイバーセキュリティ機関CISAと米連邦捜査局(FBI)、米国防総省は2020年8月3日、「Taidoor」と呼ばれるマルウェアについての分析レポート(MAR)を公開した。複数の米政府機関が連携して捜査を実施し、中国政府が使うマルウェア「Taidoor」を突き止めたとしている。

 FBIは、中国政府が被害者のネットワークに潜伏して悪用する目的で、プロキシサーバを併用してマルウェアを利用していると推測する。

米サイバー軍も警戒 2本立てでシステムを乗っ取るTaidoorの仕組みとは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ