ニュース
» 2021年02月09日 08時00分 公開

「メール」「パスワード」が危険だと言われ続ける理由プレミアムコンテンツ

メールやパスワード認証は広く浸透した技術であると同時に、攻撃者に悪用され続けている。その背景には何があるのか。調査結果や専門家の声を基に探る。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ダウンロードはこちら

 広く普及した技術には、攻撃者のターゲットになりやすいという危険が付きまとう。多くの人が利用する技術を通じて攻撃できれば、それだけ多くの人に被害を与え得るためだ。代表的なコミュニケーションツールである「メール」、一般的なユーザー認証の方法として採用されている「パスワード認証」は、いずれも広く普及しており、いずれも攻撃者の主要な攻撃経路となってきた。

 攻撃者はメールやパスワード認証をどのように悪用しているのか。そもそもメールやパスワード認証の何が問題なのか。危険性が指摘され続けているにもかかわらず、なぜ状況は大きく変わらないのか。本資料は、調査結果や複数の専門家の意見を基に、こうした疑問を解消する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録をすることで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ