連載
» 2021年03月09日 07時00分 公開

バズワードに惑わされない セキュリティ対策の基本は情報の「収集」と「棚卸し」だ半径300メートルのIT

アイティメディア主催の「ITmedia Security Week 2021春」(2021年3月1〜5日)が開催されました。本稿は、最新の脆弱性情報を取り上げつつ、多数の講演者が語ったセキュリティ対策のポイントを筆者なりに解釈します。

[宮田健,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 アイティメディア主催の「ITmedia Security Week 2021春」(2021年3月1〜5日)が開催されました。特別講演をはじめ、ゼロトラストやテレワーク、エンドポイントなどのさまざまな角度でエンタープライズセキュリティが語られました。

 常にセキュリティの最前線にいる講師陣の言葉は非常に重く、個人的にも勉強になりました。幾つかの講演はレポート記事として公開される予定です。そちらもぜひチェックしてみてください。

 本稿は、最新の脆弱(ぜいじゃく)性情報を取り上げつつ、今回のセミナーで講師陣が共通して述べたセキュリティにおける重要なポイントを取り上げます。

注意喚起から“日本のITセキュリティ”を考える

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ