ニュース
» 2021年03月17日 18時45分 公開

AWS FIS登場、東京でもカオスエンジニアリング支援ツールが利用可能に

AWSがカオスエンジニアリングを実践するための新サービス「AWS Fault Injection Simulator(FIS)」を発表した。システムの障害回避能力の実装や障害発生後の回復時間短縮化などに取り組みやすくなる。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Amazon Web Services(AWS)は2021年3月15日(現地時間)、信頼性の高いシステムを構築するための新しいサービス「AWS Fault Injection Simulator(FIS)」の提供を開始した。大阪と中国の2つのリージョンを除く全てのリージョンで利用できる。

AWS Fault Injection Simulator – Use Controlled Experiments to Boost Resilience|AWS News Blog AWS FISの公開を伝えるブログ記事(出典:AWS)

 AWS FISはAWSのリソースおよびアクションを対象としてフォールトインジェクションを実施する仕組みだ。サービス開始当初は次のリソースに対して使用できる。指定できるリソースおよびアクションは今後さらに追加される見通しだ。

カオスエンジニアリングとは? 障害のないシステムは増えるか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ