メディア
連載
» 2021年03月26日 07時00分 公開

DXレポート2を解説する 「デジタル競争の敗者」にならないために取るべき行動とはDXレポート2をかみ砕く

経産省は2020年12月28日、前回から大幅にアップデートした「DXレポート2(中間取りまとめ)」を公開した。同レポートで語られる、DXの推進に向けて企業の具体的に取るべきアクションとは何か。本稿は、数回にわたってレポートをかみ砕く。

[田渕聖人,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 国内でDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する企業にとって、その方向性を指し示す羅針盤の役割を果たすのが、経済産業省(以下、経産省)が公開する「DXレポート」だ。2018年9月の公開から約2年を経て、経産省が2020年12月28日、大幅にアップデートした「DXレポート2(中間取りまとめ)」(以下、DXレポート2)を発表した。

 DXレポート2は、企業規模に関係なくDX担当者やIT管理者であれば“必修科目”といっても差し支えないだろう。本稿は、未読の方や内容を振り返りたいという方に向けてDXレポート2の概要を数回にわたって説明する。第1回の要点は以下の通りだ。

  1. DXレポート公表以降のDX政策とその結果
  2. コロナ禍で見られた事象と、明らかになったDXの本質
  3. これからのITベンダーに求められる役割

2年前の「DXレポート」は失敗だったのか DXレポート2発行の裏にある危機感

 まずはDXレポート2が公開された背景について解説する。前回版である「DXレポート」は、老朽化や複雑化、ブラックボックス化した既存システムがDXを本格的に推進する際の障壁となることに警鐘を鳴らすことで「2025年の崖」までに企業のDX推進を計画的に実行させる狙いがあった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ