ニュース
» 2021年06月22日 19時48分 公開

「NVIDIA Jetson」のSDKに複数の脆弱性 影響は数百万台か

NVIDIAのJetson向けのSDKに複数の脆弱性が見つかった。数百万台が出荷済みと考えられる。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NVIDIAが提供するSoM(System on Modile)製品である「NVIDIA Jetson」にサービス妨害攻撃(DoS: Denial of Service attack)やデータ窃取につながる脆弱(ぜいじゃく)性が存在することが明らかになった。

 NVIDIAは2021年6月18日(現地時間)、NVIDIA Jetsonシリーズの複数製品に存在する脆弱性を修正するアップデートの提供を開始した。この脆弱性を利用されると、特権昇格やサービス妨害攻撃、データ窃取などを実施される危険性があるとされる。

 NVIDIA Jetsonは、CPUやGPU、PMIC、DRAM、フラッシュ ストレージを搭載したエッジデバイス向けのハードウェアだ。AI処理に適した構成で用途ごとに複数のラインアップを展開する。今回脆弱性が報告されたのは、このNVIDIA Jetson向けのソフトウェア開発キット(SDK)の脆弱性だ。

脆弱性情報を伝えるNVIDIAのWebページ

複数の実装でメモリの取り扱いに課題 脆弱性のある製品は

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ