ニュース
» 2021年06月23日 07時00分 公開

IBMがセキュリティ研究機関「IBM Center for Government Cybersecurity」を創設 米国政府との共同開発も

IBMは、米国連邦政府機関による長期的なサイバーセキュリティ脅威への対応を目的に「IBM Center for Government Cybersecurity」を創設する。同社の専門技術を活用し、イベントやワークショップ、新ソリューションの開発を実施する予定だ。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IBMは2021年6月2日(現地時間)、米国連邦政府機関による長期的なサイバーセキュリティ脅威への対応を目的に「IBM Center for Government Cybersecurity」を創設すると発表した。

 IBM Center for Government Cybersecurityは、IBMのサイバーセキュリティに関する専門知識を活用して、各種イベントを実施したり、学習機会を提供したりする。ゼロトラストフレームワークやクラウドセキュリティなどに重点を置いたワークショップも主催する予定だ。IBM Researchも暗号化解読に向けて協力する。

政府機関と共同で独自ソリューションを開発予定

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ