連載
» 2021年07月12日 11時00分 公開

クラウドERP市場で三大勢力が激突 SAP、オラクル、ワークデイがエンタープライズアプリ業界に起こす変化とはWeekly Memo(1/2 ページ)

クラウド利用の進展とともにエンタープライズアプリケーション市場の新たな勢力争いの構図が見えてきた。最近の動きを踏まえて考察してみたい。

[松岡功,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日本オラクルとワークデイが2021年7月上旬、新たな事業戦略についての記者説明会を相次いで開いた。その内容から、ERP(統合基幹業務システム)領域を軸としたエンタープライズアプリケーション市場のクラウド化に向けた新たな勢力争いの構図が見えてきた。

日本オラクルとワークデイのトップが語った“共通項”とは

 まずは、両社が発表した内容から、この分野に関して筆者が注目した点を挙げておこう。

Photo 日本オラクル執行役社長の三澤智光氏

 日本オラクルは2021年7月8日に会見を開き、執行役社長の三澤智光氏がERPをはじめとしたSaaS(Software as a Service)型サービス群「Oracle Cloud Applications」について、顧客の声から抽出した特長を4つ挙げた。特に1つ目の「費用対効果が高く、短時間での導入が可能」という点について、図1のような見解を示した。

Photo 図1 Oracle Cloud Applicationsの特長(出典:日本オラクルの発表資料)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ