ITmedia DX
ニュース
» 2021年09月21日 07時30分 公開

変わる野菜ビジネスの法規制に対応 仕入れから販売まで統合管理のクラウドサービス

日立ソリューションズ西日本は、青果卸業向けのクラウドサービス「Hi-PerBT 青果卸向け販売管理システム」の提供を開始した。2020年6月に改正された卸売市場法に対応し、商品の受け卸ろしや販売管理機能などを提供する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日立ソリューションズ西日本は2021年9月17日、青果卸向けクラウドサービス「Hi-PerBT 青果卸向け販売管理システム」の提供を開始すると発表した。荷受卸機能や第三者販売のための販売管理機能などを提供する。

 同システムは、2020年6月に改正された卸売市場法に対応し、これまで日立ソリューションズ西日本が提供してきた「青果仲卸業向け販売管理システム Hi-PerBT SEIKA」をクラウド化し、複数の機能を追加した。

法改正で自由化進む青果市場 農家からの購入から販売まで支えるクラウドの中身

 従来の卸売市場法は、青果荷受会社を通さず直接生産者から購入する「直荷引き」を禁止していた。また「商物一致の原則」として入荷物品を市場内で取引する必要があったり、卸売業者が集荷した生鮮品を市場内の仲卸業者やセリの参加者以外に販売できなかったりといった規制があった。

卸売市場法改正後の青果流通のイメージ(出典:日立ソリューションズ西日本のプレスリリース)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ