ニュース
» 2021年10月28日 07時00分 公開

Firefoxのアップデートを阻害するアドオン、45万人以上がインストールか

MozillaはFirefoxのアップデートを妨害するアドオンを45万5000人のユーザーがインストールした可能性があると伝えた。該当のアドオンをインストールしたかどうかを迅速に調査し、インストールしていた場合は削除してほしい。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Mozilla Foundation(Mozilla)は2021年10月25日(現地時間)、45万5000人のWebブラウザ「Firefox」ユーザーが悪意あるアドオンをインストールしていたと伝えた。このアドオンはプロキシAPIを悪用してFirefoxのアップデートなどを阻害したとされる。該当のアドオンをインストールした場合、Firefoxやブロックリストが更新されず、サイバー攻撃の被害に遭う危険性が高く注意が必要だ。

45万5000人のFirefoxユーザーが悪意のあるアドオンをインストールしたとされる(出典:MozillaのWebサイト)

該当のアドオンの見つけ方とアンインストール方法

 Mozillaは2021年6月にプロキシAPIを悪用するアドオンを発見した。同社はすでにこの問題を解決したとし、「Windows」を使っている場合は次の条件を満たしていれば影響は受けないと説明している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

セキュリティ

注目のテーマ