業務の自動化
ニュース
» 2021年11月29日 18時37分 公開

Googleが会話型AIを活用したビジネスチャットbotを提供開始

コロナ禍の影響で、企業とユーザがテキストメッセージでやりとりする機会が増えている。Googleがビジネスチャットを自動化するAIチャットサービスを提供開始した。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Googleは2021年11月18日(現地時間)、「Google Cloud」の公式ブログで、顧客向けコミュニケーションツール「Business Messages」のAI(人工知能)機能を強化したと発表した。Business Messagesは、「Google 検索」や「Google マップ」、企業のチャネルを介して顧客とやりとりできるツールだ。

 Googleによれば、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大以降、全世界の消費者の85%が企業に直接メッセージを送りたいと考えており、インターネットユーザーの45%が以前よりも多くの時間を企業が提供するメッセージサービスに費している。だが企業側では、インターネット経由のアクセスに全て人力で対処するのは労力やコストの面で難しく、これを支援するAIを活用したチャットbotについても、導入の難易度やコスト面で折り合いを付けられない実情があるという。

Strengthening conversations with customers using AI-powered Business Messages(出典:Google Cloudの公式ブログ) Strengthening conversations with customers using AI-powered Business Messages(出典:Google Cloudの公式ブログ)

ビジネスチャットの自動化を実現する技術とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

業務の自動化

注目のテーマ