ニュース
» 2021年12月21日 08時00分 公開

Apache、Log4jに関する3つ目の修正パッチを公開 新たな脆弱性を修正

Apache Log4jを巡る一連の脆弱性問題で、新たな脆弱性が発見された。Apacheはこれを受けて3つ目のセキュリティパッチを公開した。すでにアップデートをした場合も、現在のバージョンを確認するとともに対策に取り組んでおきたい。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Apache Software Foundationは2021年12月17日(現地時間)、「Apache Log4j」(Log4j)の最新版となる「Apache Log4j version 2.17.0」を公開した。

 今回のアップデート版は、Log4jを巡る一連の脆弱(ぜいじゃく)性、いわゆる「Log4Shell」を修正する3つ目のセキュリティパッチだ。Log4jのバージョンを確認するとともに、修正版にアップデートしてほしい。

Apache Software Foundationは「Apache Log4j version 2.17.0」を公開した(出典:Apache Software FoundationのWebサイト)

長引くLog4jの脆弱性 継続した情報収集と対応を

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

セキュリティ

注目のテーマ