ニュース
» 2022年01月15日 07時00分 公開

Ciscoが2022年1月に合計13のセキュリティアドバイザリを発行 「緊急」の脆弱性2つに対処

Ciscoは複数のセキュリティアドバイザリを発行した。2022年1月以降に発行されたものだけでも深刻度が「緊急」(Critical)に分類される脆弱性がすでに2つ修正されている。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Cisco Systems(以下、Cisco)は2022年1月12日(現地時間)、複数のセキュリティアドバイザリを発行した。同社は2022年1月に入ってから13個のセキュリティアドバイザリを発行した。本稿執筆時点ではそのうち2つの脆弱(ぜいじゃく)性の深刻度が「緊急」(Critical)に分類される。

 定期的にセキュリティアドバイザリを確認するとともに、該当のCisco製品を使用している場合には対策やアップデートなどを実施してほしい。

2022年1月に発行されたCiscoのセキュリティアドバイザリ(出典:CiscoのWebサイト)

2022年1月に発行されたセキュリティアドバイザリは

 Ciscoが2022年1月に発行したセキュリティアドバイザリは以下の通りだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

セキュリティ

注目のテーマ