MySQL HeatWaveがマルチクラウド展開 統一データベースでビジネスの助けに

日本オラクルが提供する「MySQL HeatWave」がマルチクラウドでも利用できるようになった。どのような利点が企業にはあるのだろうか。性能と特徴を聞いた。

» 2022年09月20日 08時00分 公開
[関谷祥平ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日本オラクルは2022年9月13日、Oracleが提供する「MySQL HeatWave」が「Amazon Web Service」(以下、AWS)でも利用できるようになる「MySQL HeatWave on AWS」の発表に伴い、説明会を実施した。製品の特長、今後の狙いを日本オラクルの梶山隆輔氏(MySQL Global Business Unit Asia Pacific & Japan担当 MySQLソリューション・エンジニアリング・ディレクター)が解説した。

他社と差をつけるMySQL HeatWaveの特徴

 「MySQL HeatWave」は、OLTPや分析、機械学習、機械学習ベースの自動化を単一のMySQLデータベース内に統合したサービスで、Oracle Cloud Infrastructure(以下、OCI)で提供されていた。独自のHeatWaveエンジンを追加することで、分析や機械学習機能を活用でき、一つのデータベースで機械学習やリアルタイムでのデータ分析、予測が可能になる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ