ニュース
» 2023年03月02日 08時00分 公開

更新プログラム適用でWindows 11が起動しなくなる問題が発生 UIアプリが原因か

KB5022913を適用したWindows 11デバイスが起動しなくなる問題が確認された。サードパーティー製のUIカスタマイズアプリケーションを使用している場合、同問題が発生する可能性がある。

[後藤大地有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2023年2月28日(現地時間)、累積更新プログラム「KB5022913」を適用した「Windows 11 version 22H2」が起動しなくなる問題を報告した。サポートしていない方法でUIをカスタマイズしたサードパーティー製アプリケーションを利用している場合、同問題が発生するとしている。

 Microsoftは現在この問題を調査中としている。

Microsoftは累積更新プログラムの適用でWindows 11 version 22H2が起動しなくなる問題について報告した(出典:MicrosoftのWebサイト)

2月28日のアップデートでWindowsが起動しなくなる問題 推奨される対策は

 KB5022913は、タスクバーの検索ボックスにおける新機能やタスクマネージャーのフィルタリング機能などを導入する累積更新プログラムだ。Microsoftは、これ以降の更新プログラムを適用した場合、Windows 11 version 22H2が起動しないケースがあると指摘した。

 Microsoftによると、サードパーティー製のUIカスタマイズアプリケーションの中には、同社がサポートしていない方法を使っているものがあり、この影響でWindowsデバイスで意図せぬ結果が生じている可能性があるという。

 確認されたエラーはループにおいてexplorer.exeがリピートを繰り返して問題を引き起こすというもの。MicrosoftはUIソフト「ExplorerPatcher」および「StartAllBack」については問題の発生を確認できたと説明する。

 こうした状況を踏まえ、MicrosoftはKB5022913の適用前にサードパーティー製のUIカスタマイズアプリケーションをアンインストールすることを推奨している。既にこの問題が確認されている場合は、使用中のUIカスタマイズアプリケーションのカスタマーサポートに取い合わせる必要がある。

 なお、StartAllBackを使っている場合、3.5.6以降の最新バージョンにアップデートすることでこの問題を回避できる可能性がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ