なぜポスト量子暗号を無償提供? 一般企業が今から使うべき理由

Cloudflareが「ポスト量子暗号」を無償で提供すると発表して注目を集めている。

» 2023年03月20日 11時18分 公開
[山口哲弘ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Cloudflareは2023年3月16日(現地時間)、ポスト量子暗号を無償提供すると発表した。

なぜ無料? 一般企業が今からポスト量子暗号を使うべき理由は

 ポスト量子暗号とは、量子コンピュータへの安全性を備えた暗号化アルゴリズムのことを指す。

 量子コンピュータは、インターネット上に存在する暗号化データを今後数年以内に解読できるほどに進歩すると予想されている。盗難されたものの暗号化していたためにリスクとならなかったようなデータも、今後、簡単に復号されてしまう可能性がある。

 米バイデン政権は、このリスクに備え、これまでに盗まれた暗号化データを今後復号できるようになる可能性がある量子コンピュータの出現に備えるよう政府機関に命じており、民間企業にも同様の注意を喚起している。

 企業はこのような事態が現実になる前にポスト量子暗号に移行する準備が必要だが、Cloudflareでは、新興ベンダーはこれに便乗して必要以上に高額な料金を請求しようと試み、企業や非営利団体、市民社会団体が利用できる範囲を制限しかねない状況を生み出していると指摘する。

 Cloudflareは2018年からポスト量子暗号標準の開発に協力しており、2022年にはポスト量子暗号のベータ版を提供していた。

 今では接続時にNIST(National Institute of Standards and Technology:米国国立標準技術研究所)標準のポスト量子暗号に対応したWebサイトのうち、同社のサービスを利用しているものが99%以上を占めている。

法外な値段を付ける事業者も

 Cloudflareは、全てのユーザーにポスト量子暗号を無償提供することによって、WebサイトやAPI、クラウドツール、テレワークで勤務する従業員を将来的に発生しうる脅威から保護し、同社のネットワーク外に存在するあらゆる接続を保護できるように企業を支援する。

 Cloudflareの共同創設者で最高経営責任者(CEO)を務めるマシュー・プリンス氏は、「将来起こり得る量子コンピュータを使用した攻撃に備えるという名目で法外な金額を請求しようとする企業がある。しかし当社は、プライバシーは基本的人権であり、ポスト量子暗号によるセキュリティは、企業が搾取されるためのものではなく、インターネットの新たな標準であるべきだと考えている。だからこそ当社は、企業や非営利団体、全てのユーザーにも最先端の暗号技術を提供し、その対価を請求しないことを約束する」と述べている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR