経営幹部にセキュリティの価値を効果的に伝えるには? SIEMレポートの役立つ使い方セキュリティニュースアラート

LogRhythmは、セキュリティの価値を経営幹部に報告する方法を伝えた。ややこしいセキュリティ施策を効果的に説明するにはどうすればよいのだろうか。

» 2024年06月07日 07時30分 公開
[後藤大地有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 LogRhythmは2024年6月4日(現地時間)、理事会や取締役会などに対してサイバーセキュリティの効果を報告する方法について伝えた。

 ITマネジャーとSOCマネジャーはセキュリティ対策の有効性を経営幹部に対して伝えるのに苦労することが多く、経営幹部が適切な意思決定できないという状況が生まれている。

ややこしいセキュリティ施策を効果的に説明するには?

 LogRhythmはこうした課題に向き合う方法として、SIEM(Security Information and Event Management)のレポートを経営幹部の期待やビジネス目標に合わせて活用する方法を取り上げている。

 主要なリスク指標や新たな脅威、セキュリティ制御の有効性を強調する高レベルで分かりやすい情報を提供できるSIEMレポートは、セキュリティとITの専門家および経営幹部の利害関係者の間のコミュニケーションギャップを埋められるという。

 LogRhythmが取り上げている主なポイントは以下の通りだ。

  • ビジネスへの影響に重点を置いて技術的な指標をコンテキスト化する: SIEMのレポートをカスタマイズしてセキュリティ投資が組織の収益に及ぼす直接的な影響を強調する。効果的なセキュリティ対策がリスクを軽減し、重要なデータを保護し、顧客を保護し、組織の評判を高め、長期的な信頼と財務の安定にどのように貢献するかを強調する。経営幹部には技術的な指標を大量に提示するのではなく、ビジネス目標と業界ベンチマークというより広い枠組みの中でそれらをコンテキスト化する必要がある
  • 視覚化と経営幹部向けサマリーの活用: 経営幹部はサイバーセキュリティ対策について十分な理解が不足していることがある。グラフやダッシュボードといった視覚化機能を使用して重要な視点を効果的に伝える必要がある
  • レポートを法令や規制に合わせる: SIEMのレポートが規制要件や業界標準をどのように順守しているかを強調する。GDPやHIPAA、PCI DSSなどの規制への準拠を実証しデータ保護とガバナンスに対する組織の取り組みをアピールする
  • 実用的な推奨事項を提供する: 被害を防止または修正するためのチームの計画を策定する。セキュリティ体制の改善やリソースの割り当て、予防措置実施のための優先順位付けされた手順を含む実用的な推奨事項を提供する
  • 投資収益率(ROI)の内訳を提示する: セキュリティ対策によって得られるコスト削減やリスク軽減、運用効率を実証し、セキュリティ投資の投資収益率を定量化する

 LogRhythmは、重要な情報を明確かつ簡潔に提示することで意思決定プロセスを向上でき、経営幹部が懸念事項を迅速に特定しそれに応じてリソースを割り当てられ、より多くの情報に基づいた効果的な戦略的意思決定が可能になると指摘している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ