デジタルマーケティングの時代

「デジタルマーケティングの時代」の連載記事一覧です。

CEO インタビュー:

ダイレクト・マーケティングにおいて重要なのは、データの管理技術と分析技術、キャンペーンの配信管理技術である――。SaaS型eCRMソリューションベンダー「Probance」のCEO Emmanuel Duhesme氏にダイレクト・マーケティングの最新動向を聞いた。

【谷古宇浩司 , ITmedia】()
著者インタビュー:

「オウンドメディア」の本質は企業と顧客との継続的なコミュニケーションの実践にある。企業を取り巻く「オウンドメディア」の現状とその効果的な活用法について、先ごろ「オウンドメディアマーケティング」を上梓した井浦知久氏(ユラス 代表取締役)に話を聞いた。

【谷古宇浩司 , ITmedia】()
“つながる世界”のブランド構築:

ソーシャルメディアは企業のブランド構築プロセスを革新する。牽引役の1社である米Facebookの狙いとは? マーケティング担当者向けイベント「Facebook Marketing Conference」(fMC)から同社の戦略を読み解く。

【谷古宇浩司 , ITmedia】()
投資対効果の測定という課題:

デジタルマーケティングの議論において最も重要なテーマの1つは、効果指標の設定とその測定方法だろう。「顧客満足度の向上」「コスト低減」「売り上げ向上」というビジネス目標の達成をダイレクトに支援できるマーケティング・アクションとその効果測定に関する最新議論を紹介する。

【谷古宇浩司 , ITmedia】()
長距離ランナーとシューズの親密な関係:

 効果測定の設計は、キャンペーンの企画時に最も頭を悩ませる作業の1つだが、今日日のマーケティング担当者にとって、ソーシャルメディアという新しいチャネルの導入は、その設計作業をさらに複雑なものにする。アディダスジャパンの「adizero クツカス」キャンペーンから、ソーシャルメディアの広告的効果測定の実現可能性を考える。

【谷古宇浩司 , ITmedia】()
メディアとマーケティングの現在:

マーケティング・チャネルとしてのメディア・タイプの本格的な再定義活動が始まったのは2009年頃。ITの普及によって顧客接点(=メディア)が多様化し、従来のマーケティング手法は変化を余儀なくされている。デジタルマーケティングの初心者向けにメディアとマーケティングの現在の関係を概観する。

【谷古宇浩司 , ITmedia】()

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -