oracle appsworld 2003 san diego report
Orace E-Business Suiteのための年次カンファレンス「Oracle AppsWorld 2003 San Diego」が開幕した。短期間かつ固定料金でE-Business Suiteを導入できる、大企業および中堅企業向けの「Oracle Business Flow Accelerators」を発表したほか、中堅から小規模事業者を対象にしたEBS「サブスクリプションエディション」の概要も明らかにしている。

2003.1.24

反対運動が功奏、オラクルが旧バージョンのサポートを延長
オラクルは同社ビジネスアプリケーションの旧バージョンをこの7月以降はサポートしないとしていたが、ユーザーグループなどの反対を受け、限定的ながら、サポートを1年間延長することを決めた。顧客企業らは、延長プログラムの内容を評価中だが、概ね歓迎されているという。


2003.1.23

オラクル、ビジネスアプリケーション事業で増収を予測
米サンディエゴで開催されたOracle AppsWorldにおいて、オラクルのCFO(最高財務責任者)、ジェフ・ヘンリー氏は、Oracleビジネスアプリケーションの第3四半期(12-2月期)の売上は増加するだろうとの見通しを明らかにした。

「アップグレードかサポートなしか」、顧客に二者択一を迫るオラクル
オラクルはOracle AppsWorld 2003において、E-Business Suiteの旧バージョンを使い続けている顧客に新バージョンへのアップグレードを呼びかけた。このメッセージは昨年のOracle AppsWorld 2002のテーマでもあったが、今年はいっそう切迫している。

Oracle9i技術をフル活用して統合とコスト削減を図るE-Business Suite 11i
サンディエゴで開催中の「Oracle AppsWorld 2003」は最終日を迎え、午前の基調講演にオラクルのクリフ・ゴドウィン上級副社長が登場した。ゴドウィン氏は、Oracle9iの統合されたグローバルデータベースを構築できる最新技術を活用し、コストを下げつつ、さらに情報の質を高められるE-Business Suite 11iをアピールした。


2003.1.22

Oracle9iASを拡張しポータルソフトウェア「OmniPortlet」をリリースしたオラクル
オラクルが「Oracle9i Application Server」の一部として、ポータルソフトウェアをリリースした。同社は、このソフトウェアによって、データベースおよびビジネスソフトウェア、そしてアプリケーションサーバの売上拡大を狙っている。

アプリ業界激震?「TCO削減を保証する」とオラクルのエリソンCEO
サンディエゴで開催中の「Oracle AppsWorld 2003」にオラクルの総帥、ラリー・エリソンCEOが登場した。エリソン氏は、これまで事前の算出が困難だった実装や運用保守のコストを提示し、TCOをギャランティーできる唯一のベンダーだと言い切る。「神のお告げ」は、アプリケーション業界の地殻変動を引き起こすのか。

ストレージ業界の雄、EMCのルイスCTOが「情報管理の将来」を語る
サンディエゴで開催中の「Oracle AppsWorld 2003」カンファレンスは2日目を迎え、オラクルの長年の盟友、EMCのルイスCTOが登場した。ルイス氏は、情報管理の将来は、「ネットワーク化」「自動化」「コンテント最適化」「自己修復」、そして「キャッシュド・コンテント」にあると話した。


2003.1.21

E-Business Suite 11iでビジネスプロセスの自動化を拡大しない手はない
「Oracle AppsWorld 2003 San Diego」の午後の基調講演には、E-Business Suiteを統括するロン・ウォール執行副社長が登場した。「EBS 11iに対する投資の活用」をテーマに、企業の広範なビジネスプロセスを自動化できるようになったEBS 11i最新版のさらなる活用によって自動化の領域を簡単に拡大できるメリットをアピールした。

米国のヒーローがOracle AppsWorldで夢を語る
アポロ11号の乗組員としてニール・アームストロング船長とともに人類で初めて月に降り立ったオルドリン氏は、Oracle AppsWorld 2003の基調講演に招かれ、「オラクルといえば、“イー・ビジネス・スイート”ぐらいしか知らない」と言い切ってしまうが、「オラクルは常にトップでありたいと願うのであれば、問題を克服し、率先してリスクを取る必要がある」とエールを送るのを忘れなかった。

短期導入とアウトソーシングでE-Business SuiteのTCOを引き下げるオラクル
Oracle E-Business Suiteのための年次カンファレンス「Oracle AppsWorld 2003 San Diego」が開幕した。短期間かつ固定料金でE-Business Suiteを導入できる、大企業および中堅企業向けの「Oracle Business Flow Accelerators」を発表したほか、中堅から小規模事業者を対象にしたEBS「サブスクリプションエディション」の概要も明らかにしている。


2003.1.20

オラクルとEMCがサービス関連の提携を拡大
オラクルとEMCは、今週カリフォルニア州サンディエゴで開催される「Oracle AppsWorld」において、両社共通のカスタマーの要求に対応するため、2つの新戦略を発表する予定だ。


2003.1.16

真のグローバル化で顧客企業を成功に導くOracle E-Business Suite
米国時間の1月19日、Oracle E-Business Suiteにフォーカスした年次カンファレンス「Oracle AppsWorld 2003 San Diego」が開幕する。世界経済の先行きが不透明なままだが、厳しい経済の下でも成長を維持している企業は、競争力を支えるITへの投資を重要視している。Oracle AppsWorld 2003では、短期間でE-Business Suiteが導入できる「Business Flow Accelerator」の詳細が明らかにされるもようだ。

日本オラクル、Linuxに対応した「Oracle E-Business Suite 11i リリース8」を出荷開始
日本オラクルは、Linuxに対応したビジネスアプリケーション「Oracle E-Business Suite 11i リリース8」を出荷開始した。


2002.12.16

オラクルが新しいOracle E-Business Suiteを準備中
来年初め、「Oracle E-Business Suite」の一部として新しい「Oracle Proposals」が登場する。また、ほかにも、先ごろリリースされたデータ分析/レポートツールセット、「Oracle Daily Business Intelligence」の拡張をオラクルでは計画している。


2002.10.25

オラクルが新しい「E-Business Suite 11i8」を発表
オラクルが「E-Business Suite 11i8」を発表した。SCMコンポーネントの強化が目立っており、企業がパートナーらと予測や計画についての情報を電子的に共有する「コラボレーションアプリケーション」も組み込まれている。また、「Oracle Daily Business Intelligence」と呼ばれる分析およびレポートツールも登場する。




Special

- PR -

Special

- PR -