本当にクラウドは企業BCPの救世主となるのか?

3月11日に発生した東日本大震災は、企業にも甚大な被害を与えました。 地震や津波などで情報システムが物理的に崩壊したという企業から、 原発事故に伴う電力不足によって否応なくシステムの稼働を止めざるを得なかった企業まで多岐にわたります。 そうした中、事業継続計画(BCP)対策としてますます注目を集めているのがクラウドです。 本特集では、企業のBCPや危機管理をテーマに有識者へのインタビューや ユーザーの事例取材などを通し、 クラウドの有効性を議論します。

新着記事

東日本大震災以降、多くの企業は事業継続計画の策定や災害対策に、よりいっそうの力を注ぐようになってきた。「想定外」への対応についてPwCが解説する。

(2011年12月12日)

企業の事業継続計画や災害対策において、果たしてクラウドコンピューティングは有効なのか。A.T. カーニーの戦略ITグループ プリンシパルが事例などを基に意見を示す。

(2011年11月29日)

今年3月に起きた大震災によって、企業の危機管理に対する意識は上がった。しかしながら、安易な考えでBCPやDRに取り組むべきではないという。

(2011年11月15日)

関連記事

Weekly Memo:

企業が事業継続を図っていくうえで、今回の震災から学ぶべきことは何か。先週、記者説明会を行ったPwC Japanの話をもとに考えてみたい。

(2011年4月11日)
ITアナリストが語る:

このたびの大震災を受けて、多くの企業は事業継続計画に対して目の色が変わってきている。具体的な対策として、ITRの金谷シニアアナリストは大きく3つのポイントを挙げる。

(2011年5月11日)
クラウド×事業継続計画:

震災直後から多くの企業ではBCP対策の一環としてクラウドサービスの導入検討が進められている。そのポイントについて専門家が語った。

(2011年7月20日)
どこで明暗が分かれたのか:

属人性の排除やデータの保護が肝心――東日本大震災で被災した企業などの事例を基に、「事業継続性計画」(BCP)のポイントなどをシマンテックがアドバイスしている。

(2011年7月21日)

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -