Tips記事
» 2002年06月19日 00時00分 UPDATE

1枚のNICに複数のIPアドレスを割り当てたい

[木田佳克,ITmedia]

 Linuxなどで動作するイーサネットカードは、複数のIPアドレスを割り当てることが可能だ。例えば、サーバのIPアドレスを変更したが、念のため古いアドレスで受け取る可能性がある場合などだろう。この方法により、仮想的なインターフェイスを複数持つことが可能だ。

 複数アドレスを割り当てるには、IPエイリアスと呼ぶ機能を使う。手段は、次のようにifconfigコマンドを使えばよい。

# ifconfig eth0:0 192.168.1.12

 上記は、メインとなるインターフェイス名(ここではeth0)の次に「:」(コロン)とエイリアス番号(通常は0から始まるエイリアスの連番)を指定している操作例だ。次に、実際に実行した場合のログも挙げておこう。

# ifconfig
eth0 Link encap:Ethernet HWaddr 00:A0:24:E0:45:7B
inet addr:172.16.7.208 Bcast:172.16.7.255 Mask:255.255.255.0
EtherTalk Phase 2 addr:65280/98
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
RX packets:3196423 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:2467791 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0
RX bytes:559192567 (533.2 Mb) TX bytes:1642182228 (1566.1 Mb)

lo Link encap:Local Loopback
inet addr:127.0.0.1 Mask:255.0.0.0
EtherTalk Phase 2 addr:0/0
UP LOOPBACK RUNNING MTU:16436 Metric:1
RX packets:4139 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:4139 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0
RX bytes:569633 (556.2 Kb) TX bytes:569633 (556.2 Kb)

# ifconfig eth0:0 172.16.7.209
# ifconfig
eth0 Link encap:Ethernet HWaddr 00:A0:24:E0:45:7B
inet addr:172.16.7.208 Bcast:172.16.7.255 Mask:255.255.255.0
EtherTalk Phase 2 addr:65280/98
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
RX packets:3196483 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:2467812 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0
RX bytes:559197496 (533.2 Mb) TX bytes:1642184196 (1566.1 Mb)

eth0:0 Link encap:Ethernet HWaddr 00:A0:24:E0:45:7B
inet addr:172.16.7.209 Bcast:172.16.255.255 Mask:255.255.0.0
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1

lo Link encap:Local Loopback
inet addr:127.0.0.1 Mask:255.0.0.0
EtherTalk Phase 2 addr:0/0
UP LOOPBACK RUNNING MTU:16436 Metric:1
RX packets:4139 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:4139 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0
RX bytes:569633 (556.2 Kb) TX bytes:569633 (556.2 Kb)
#

 上記のログが「eth0:0」を追加した際の表示だ。メインとなるeth0以外にも仮想的なインターフェイス「eth0:0」が追加されているのが分かるだろう。

 なお、利用する際の注意点として最新のLinuxカーネルであれば標準設定で利用できるよう設定されているが(Red Hat Linux 7.2/7.3、Turbolinux7/8などはそのままでOK)、「ip_alias.o」モジュールが組み込まれていなければならない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -