Tips記事
» 2002年03月08日 00時00分 UPDATE

WindowsXPの起動時間を測定したい

[今藤弘一,ITmedia]

 WindowsXPは,これまでのWindows98やWindows2000よりも高速な起動を目指して設計されたOSだが,アプリケーションを追加していくうちに,どうも起動が遅くなったと感じることもあるだろう。そのときには,マイクロソフトが提供している「Bootvis.exe」というツールを使って,起動時間を計測してみてはいかがだろうか。なお,このツールはWindowsXP専用なので,Windows2000では動作しない。

画面
まずはマイクロソフトのWebサイトからbootVis-tool.exeをダウンロードする。任意のディレクトリに解凍しよう

画面
Bootvis.exeを起動して,「Trace」−「Next Boot + Driver Delays」を選択すると,起動時のドライバ読み込みなどを計測する。「Next Standby & Resume」や「Next Hiberate& Resume」を選べばスタンバイ,ハイバネーション時の処理を計測してくれる


「Trace Repetitions」という画面が表示されたら,そのまま「OK」をクリックしよう。マシンが自動的に再起動する

画面
Windows再起動後には,Bootvis.exeが自動的に起動する。Bootvis.exeと同じディレクトリに作成された計測データファイル(「TRACE_BOOT+DRIVERS_1_1.BIN」などのファイル名)を読み込んで,起動時の状況を表示してくれる

画面
メニューの「Trace」−「Optimize System」を選ぶとシステムの最適化を行ってくれるので,起動時間を多少早くすることも可能だ。測定後には最適化しておこう

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -