キーワード
» 2006年03月17日 00時00分 公開

情報システム用語事典:AOA(えいおーえい)

activity on arrow / activity on arc / アクティビティ・オン・アロー / アクティビティ・オン・アーク

[@IT情報マネジメント編集部,@IT]

 プロジェクト・ネットワーク図の表記法の1つで、1つ1つの作業(アクティビティ、タスク)をアロー(矢線、アーク=弧ともいう)で示し、その両端に作業の開始/終了を表すノード(四角形・丸印)を置いて順次、作業の順序や依存関係を左から右へつないだ図のこと。仕事全体の開始から終了までの作業の流れを表現する。アローダイアグラムともいう。

AOAの簡単な例

 数学のグラフ理論でいう「有向重み付きグラフ」の一種で、プロジェクト・ネットワーク手法の元祖であるPARTCPMなどは最適経路問題をスケジューリングに応用したものとして生まれたことから、当初はこの表記法だった。今日でもネットワーク手法の教科書・解説書ではこの図を使って説明することが多いが、実際のプロジェクトの現場ではアクティビティをノードに割り当てたAONが使われることが多い。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -