キーワード
» 2007年08月06日 00時00分 公開

PMCDフレームワーク(ぴーえむしーでぃーふれーむわーく)情報システム用語事典

PMCDF / project manager competency development framework / PMCD体系

[@IT情報マネジメント編集部,@IT]

 プロジェクトマネージャ個人の専門職能を開発するため、プロジェクトマネージャの業務遂行能力に影響を与える知識・態度・スキル・行動特性などを定義したコンピテンシーモデルのこと。米国に本拠を置くプロジェクトマネジメント協会(PMI)が開発・制定し、初版を2002年に発行した。

 選抜や業績評価のためではなく、プロジェクトマネージャのコンピテンスを向上し、その専門職能を開発する方法に関するガイダンスを、個人および組織に提供することが目的とされる。

 PMCDFではプロジェクトマネージャの能力・特性(コンピテンス)を、「知識」「実践」「人格」の3つのディメンジョンに整理している。「知識コンピテンス」はプロジェクトマネージャとして知っているべき知識、「実践コンピテンス」はプロジェクトマネジメント活動を実行する能力、「人格コンピテンス」はプロジェクトやアクティビティを実施する際の態度や行動特性をいう。

 各コンピテンスはさらに5〜6の「コンピテンスユニット」に分けられ、それが「コンピテンシークラスター」に分解され、その下に複数の「要素」が配置されるという形に構造化される。要素がプロジェクトマネージャが有すべきコンピテンシーであり、各要素には達成される結果を規定した「パフォーマンス基準」が示される。

 知識・実践コンピテンスのコンピテンスユニットはPMBOKの“9つの知識エリア”に、コンピテンスクラスターは同じく“5つのプロセス”に応じた形で示され、人格コンピテンスは「達成と行動」など6つのコンピテンスユニット、19のクラスターに分けられる。

■知識コンピテンス
コンピテンスユニット コンピテンシークラスター
立ち上げ 計画 実行 コントロール 終結
統合 K.1.1 K.1.2 K.1.3 K.1.4 K.1.5
スコープ K.2.1 K.2.2 K.2.3 K.2.4 K.2.5
タイム K.3.1 K.3.2 K.3.3 K.3.4 K.3.5
コスト K.4.1 K.4.2 K.4.3 K.4.4 K.4.5
品質 K.5.1 K.5.2 K.5.3 K.5.4 K.5.5
人的資源 K.6.1 K.6.2 K.6.3 K.6.4 K.6.5
コミュニケーション K.7.1 K.7.2 K.7.3 K.7.4 K.7.5
リスク K.8.1 K.8.2 K.8.3 K.8.4 K.8.5
調達 K.9.1 K.9.2 K.9.3 K.9.4 K.9.5
番号はクラスター番号。この後に要素番号、パフォーマンス基準番号が続く
■実践コンピテンス
コンピテンスユニット コンピテンシークラスター
立ち上げ 計画 実行 コントロール 終結
統合 P.1.1 P.1.2 P.1.3 P.1.4 P.1.5
スコープ P.2.1 P.2.2 P.2.3 P.2.4 P.2.5
タイム P.3.1 P.3.2 P.3.3 P.3.4 P.3.5
コスト P.4.1 P.4.2 P.4.3 P.4.4 P.4.5
品質 P.5.1 P.5.2 P.5.3 P.5.4 P.5.5
人的資源 P.6.1 P.6.2 P.6.3 P.6.4 P.6.5
コミュニケーション P.7.1 P.7.2 P.7.3 P.7.4 P.7.5
リスク P.8.1 P.8.2 P.8.3 P.8.4 P.8.5
調達 P.9.1 P.9.2 P.9.3 P.9.4 P.9.5
番号はクラスター番号。この後に要素番号、パフォーマンス基準番号が続く
■人格コンピテンス
コンピテンスユニット コンピテンシークラスター クラスター番号
達成と行動 達成重視 B.1.1
秩序、質、正確さへのこだわり B.1.2
イニシアティブ B.1.3
情報探究心 B.1.4
支援と人的サービス 顧客サービス重視 B.2.1
対人関係の理解 B.2.2
インパクトと影響 インパクトと影響力 B.3.1
組織の認識 B.3.2
関係の構築 B.3.3
マネジメント チームワークと協調性 B.4.1
他者の育成 B.4.2
チーム・リーダーシップ B.4.3
指揮命令 − 自己表現と地位に伴うパワーの活用 B.4.4
認識 分析的思考 B.5.1
概念化思考 B.5.2
個人の効果性 セルフ・コントロール B.6.1
自己確信 B.6.2
柔軟性 B.6.3
組織へのコミットメント B.6.4
クラスター番号の後に要素番号、パフォーマンス基準番号が続く

 PMCDFは、この3種のコンピテンシーが相互に関連し、最終的な結果であるプロジェクトパフォーマンスに影響を及ぼすと考える(プロジェクトマネージャ個人の有能さだけではプロジェクトの成功は保証されないともいっている)。したがって有能なプロジェクトマネージャと認められるには、この3つのコンピテンスのバランスが取れている必要がある。

 なお、PMCDFは米国PMIの登録商標である。

参考文献

▼『プロジェクトマネジャーコンピテンシー開発体系』 プロジェクトマネジメント協会(PMI)=著/PMI東京支部=訳/テクノ/2004年11月(『Project manager competency development framework』の邦訳)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ