キーワード
» 2007年12月04日 00時00分 公開

情報システム用語辞典:Val IT(ばるあいてぃ)

Val ITフレームワーク

[@IT情報マネジメント編集部,@IT]

 米国に本拠を置くITガバナンス協会(ITGI)が発行する、IT投資(情報化投資)に関する包括的ガイドライン。COBITを拡張・補完するもので、IT投資を機軸とした変革のためのマネジメント・フレームワークとして開発された。

 Val ITは「Val ITフレームワーク」を中核に、「ビジネスケース」「ケーススタディ」といった文書、リサーチ、サポートサービスなどを提供する活動(Val ITイニシアチブ)として展開される。その目的は、企業がIT投資を行うに当たり、それに見合った効果を挙げるために必要なガバナンス・管理プロセス・コミットメントなどを確立し、企業価値・事業価値の最大化を支援することにある。

 同じITGIが発行するCOBITがITベースのサービス提供――すなわちIT投資の“実行”段階におけるベストプラクティスを定義しているのに対して、Val ITはIT投資の事前評価(意思決定)と事後評価の方法と枠組みを提供する。すなわち、ITという“手段”を確実に実行・コントロールするためのCOBITを、Val ITが“目標”を正しく設定し、“結果”を評価するという面から補完するという関係である。

 Val ITフレームワークは「価値ガバナンス」「ポートフォリオ管理」「投資管理」の3つのプロセスから成り、各プロセスは11〜15、合計40の重点管理プラクティスを持つ。Val ITの重点管理プラクティスには、COBITのコントロール目標へのクロスリファレンス(ひも付け)が示されており、対応関係が明確化されている。

 Val ITの初版では新規のIT投資に重点を置いているが、今後はレガシーシステムやインフラを含むITサービス/資産にまで範囲を広げることが予定されている。また、ベストプラクティスと価値実現の関連性についての追加的調査、ベンチマーキングや情報交換の場の提供、フレームワークの継続的拡張・改善などが構想されている。

参考文献

▼『IT投資の企業価値ガバナンス――Val ITフレームワーク』 (米国)ITガバナンス協会=作成/日本ITガバナンス協会=訳/2007年(『Enterprise Value: Governance of IT Investment, The Val IT Framework』の邦訳)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ