ニュース
» 2008年08月21日 00時00分 公開

404エラーに「もしかして」的リンクを追加するツール、グーグルカスタマイズ可能なウィジェットとして提供

[西村賢,@IT]

 米グーグルは、リンク先が存在しない場合にWebブラウザに表示される「404エラーページ」(404 Not Found)をカスタマイズし、単にエラーを表示するだけでなく、より有用なリンクや検索ウィンドウを表示できるようにするツールなどを含む情報サイト「Enhance 404 pages」を公開した。

 例えば「www.example.com/activities/adventurecruise.html」というURLに対して、途中で切れた「www.example.com/activities/adventur」という文字列でアクセスしてしまった場合、正しいURLを提示することができる。このほかアクセス可能であれば親ディレクトリへのリンク、サイトマップページへのリンクも表示する。

 同ツールは8月19日に同社ブログで明らかにしたもので、Web管理者向け「Webmaster Tools」の1つとして実験的に公開している。

カスタマイズした404エラーページの表示例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ