キーワード
» 2011年11月07日 00時00分 公開

情報システム用語事典:ステートメントカバレッジ(すてーとめんとかばれっじ)

statement coverage / C0カバレッジ / 命令網羅 / 命令文網羅

[@IT情報マネジメント編集部,@IT]

 コードカバレッジの1つで、プログラムコード内部の命令文(ステートメント)全体のうち、テストを実施した割合を示す。コード内のすべての命令文を少なくとも1回は実行するようにテストを設計する。

ALT ステートメントカバレッジ

 ステートメントカバレッジの達成基準は、与えられたプログラムの命令文を少なくとも1回テストすることと定義される。着目点は命令文で、コード中の命令文の総数を分母として、そのうちテスト実施(設計)したの数の総和を分子に計算を行うとステートメントカバレッジ(%)が得られる。

 命令文を平たくいうと、“女性客は水曜日に無料”という条件付き行為における「無料」の部分に当たる。無料の実行が確認されれば100%網羅となる。

 ステートメントカバレッジは、最も基本的なコードカバレッジでカバレッジ率100%を達成しやすいが、判定条件による制御パスの分岐がある場合は片側のみのテストとなるために網羅性が低く、最もテスト強度が弱いカバレッジ基準といえる。

参考文献

▼『ソフトウェアテスト実践ワークブック――効果的かつ効率的なテスト設計のために』 レックス・ブラック=著/成田光彰=訳/日経BP社/2007年1月(『Effective and Efficient Software Testing』の邦訳)

▼『基本から学ぶソフトウェアテスト――テストの「プロ」を目指す人のために』 セム・ケイナー、ジャック・フォーク、フン・クォック・グエン=著/テスト技術者交流会=訳/日経BP社/2001年11月(『Testing Computer Software, 2nd Edition』の邦訳)

▼『ソフトウェア・テストの技法〈第2版〉』 グレンフォード・J・マイヤーズ、トム・バジェット、テッド・M・トーマス、コーリー・サンドラー=著/長尾真=監訳/松尾正信=訳/近代科学社/2006年7月(『The Art of Software Testing: 2nd ed』の邦訳)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ