調査リポート
» 2007年04月26日 22時00分 公開

PDAの出荷台数、前年比115%増に──ガートナージャパン調べ

ガートナージャパンが、PDA/ハンドヘルドPCの市場動向に関する調査結果を発表した。2006年の出荷台数は、前年比115.2%増の52万6千台。50万台を超えたのは2003年以来となる。

[ITmedia]

 ガートナージャパンは4月26日、2006年の日本におけるPDA/ハンドヘルドPCの出荷台数が、前年比115.2%増の52万6千台に達したと発表した。

 1年前の予測では、2006年の出荷台数は前年比63.1%増の39万9千台と見込まれていたが、実績はこの数値を大きく上回った。日本で出荷台数が50万台を超えたのは2003年以来となる。

 同市場は、2002年から2005年まで4年連続で2桁のマイナス成長が続いていたが、2006年に大幅な増加を記録。通話型ワイヤレスPDAの登場が、市場全体の成長を牽引した。2005年末に登場したシャープの「W-ZERO3」が、一般ユーザー向けに開発されたワイヤレスPDA端末の最初のモデルとなり、2006年には、NTTドコモソフトバンクモバイルも通話型ワイヤレスPDA製品を投入した。

 2006年の出荷台数上位5社は、1位から順にシャープ、HTC、マイタック、ヒューレット・パッカード、カシオ計算機。2006年に市場参入したHTCが第2位に躍進し、2005年に第7位だったマイタックが3位に浮上するなど、2005年に比べて上位ベンダーの入れ替わりが大きかったという。

 今回の調査結果を加味した最新の予測によれば、2007年の出荷台数はプラス成長を維持し、前年比6.2%増の55万8千台が出荷するものと見込まれる。また、従来型PDAが引き続き縮小する一方で、通話型ワイヤレスPDA製品がラインアップ拡充により、市場の成長を牽引すると予測されている。

 2007年後半には、Windows Mobile 6.0搭載製品(記事1記事2参照)の出荷に伴い、参入ベンダーと製品ラインアップが増加すると見られるが、法人市場が爆発的に拡大することは期待できず、個人ユーザーの裾野拡大とハイエンド・ユーザーの買い換え需要により、市場が成長していくものと考えられている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -