ニュース
» 2007年09月25日 15時56分 公開

ソフトバンクモバイルの「S! FeliCa」対応携帯、稼働数が500万台を突破

ソフトバンクモバイルのFeliCa搭載端末の稼働数が、9月25日に500万台を超えた。2005年11月のサービス開始から1年10カ月での500万台超えとなった。

[ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは9月25日、同社の「S! FeliCa」対応端末(おサイフケータイ)の稼働数が500万台を突破したと発表した。これは累計出荷台数ではなく、現在回線契約のあるおサイフケータイのみの集計。稼働数が300万台を突破したのが2007年4月1日なので、約6カ月で200万台増えたことになる。

 ソフトバンクモバイルのS!FeliCa(サービス開始当初は「ボーダフォンライブ!FeliCa」)対応機種は現在21機種で、一部非対応機種もあるものの、「モバイルSuica」や「nanacoモバイル」をはじめとする33種のサービスが利用可能だ。携帯電話対応アプリの供給では、ドコモ、KDDIのあとに回されがちなソフトバンクモバイルだが、着実に対応機種・対応サービスを増やしている。

S! FeliCa対応機種

FULLFACE 913SH912T912SH911T911SH910SH905SH904SH904Tfanfun. 815T815SH814T814SH813SHGENT 812SH s、ホークスケータイ812SH、812SH811SH810SH804SH703SHf


 最新機種には「Edy」「QUICPay」「ANAモバイルAMCアプリ」「JAL ICポケット」「トクトクポケット」の5つのアプリをプリインストールしているほか、S! FeliCaのプロモーションサイト「生活アプリ特集」なども提供している。生活アプリ特集へのアクセスは「Yahoo!ケータイ」→「メニューリスト」→「S! FeliCa」→「生活アプリ特集」から。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -