コラム
» 2010年10月15日 08時00分 公開

会社はユニオンを怖がっている……その“噂”は本当なのか吉田典史の時事日想(4/4 ページ)

[吉田典史,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3|4       

 前述の坂氏によると、女性ユニオン名古屋の場合は1割はユニオンが受け取り、残りの9割は本人に手渡されるという。仮に和解金が100万円で決着すると、ユニオンは10万円を受け取る計算になるが、それだけで運営は成り立つのだろうか。

 「財政事情は苦しい。全国のほとんどのユニオンがこのような状態だろう。だから、後継者を育成することがなかなかできない。同じ人が役員を続けていかざるを得ないのも、こういう事情があるからだ」

 社内で問題に巻き込まれたときにはネット上に書かれてある「噂」を信じるよりも、ユニオンに相談に行くことを勧めたい。生活が奪われるかもしれないときに、誤った情報に振り回されるなんてナンセンスだ。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -